テープ起こしをアウトソーシング化してコストを削減しよう

男女

流れを確認しよう

困る男の人

テープ起こしを検討するなら専門業者の選定が肝心となります。料金体系も各社で異なりますので、事前にどれくらい料金がかかるのかをリサーチしておきましょう。実際に見積もりを依頼して、どれくらい費用が発生するのか比較して検討することもおすすめします。テープ起こしの分数や文字数によっても異なりますが、5000円以上料金が変わってくるケースもあるのです。各業者では自社サイトを公開しているはずですので、まずは問い合わせをしてみましょう。テープ起こしの音声データによっては、テキスト化ができない場合もあります。音声が聞き取れなかったり、雑音が大きいなど、音声データ自体のクオリティに問題がある場合は、発注を断られてしまう場合もあります。あらかじめ音声データを送付して確認してもらえば安心だといえます。問い合わせや見積もり依頼をして、業者を絞ったら本格的に契約を行ないましょう。音声データ以外にも、資料などがあれば合わせて送付してもよいでしょう。さらにスムーズにテープ起こしができるはずです。テープ起こしの内容は、さまざまな形があります。ケバ取りや、素起こしといった表示方法を指定することができるので、仕上がりのイメージを確認して依頼することも重要になってきます。また、納品テキストのデータの形式は、選べる場合があります。必要なデータ形式をテープ起こしの業者に伝えるなど、事前に確認することも大切です。業者によっては、データを自由にカスタマイズできるようなサービスを行っているケースもあります。納品についての方法も、各社によって変わってくるので、希望の方法があれば早めに依頼をしておきましょう。