テープ起こしをアウトソーシング化してコストを削減しよう

メンズ

費用の相場をチェック

男性

テープ起こしを専門業者に依頼するときに重要な問題の1つがコストになります。料金体系は業者によって異なるので、あらかじめリサーチすることをおすすめします。まずは相場を知ることが大切です。

もっと読む

専門業者に依頼する

英会話

ミーティングの記録や、講演会やイベントのスピーチを記録に撮った場合は、テキスト化して共有することが便利だといえます。映像や音声記録を再生してチェックすることは、時間がかかってしまうため、共有化が難しい場合が多いでしょう。テキストであれば、紙媒体でもパソコン・スマートフォンでも簡単にチェックすることが可能です。また、重要な部分だけをかいつまんでテキスト化すれば、さらにスムーズに共有化することができるでしょう。このように、時間を伴う発言内容を文字に落とし込んでテキスト化することで、誰にでもわかりやすく情報を残すことができるのです。テープ起こしと呼ばれる作業を行って、発言を文字化するのですが、もちろん現代ではテープレコーダーを使用することはほぼないといえます。昔は記録媒体といえばテープレコーダーが主流だったので、その当時の名残からテープ起こしと現在でも使用されているのです。今は、スマートフォンを使って記録することもできますし、ICレコーダーやビデオカメラなどで記録をすることが一般的などいえます。しかし、音声や映像データをテープ起こしすることは、とても困難な場合が多いといいます。会場によっては雑音が入ったり、発言者の滑舌が悪くて聞き取れなかったり、一言一句を正確にテープ起こしをしようとすると、途方も無い時間がかかってしまうはずです。またリアルライブでは発言者によっては、あまり意味のない発言や口癖なども混ざってきます。ある程度の編集作業も必要になってくるのです。そのため、テープ起こしが必要な場合はアウトソーシング化した方が、無駄もなくコストの面でもメリットが大きいといえます。

流れを確認しよう

困る男の人

テープ起こしの業者に依頼をする際の具体的な流れについてみていきましょう。専門業者とのやり取りがどのように進んでいくのかを把握することで、スムーズに依頼を行うことができます。

もっと読む

テキストの種類

オペレーター

テープ起こしを業者に依頼すると、どのようなテキストで納品されるのでしょうか。実はテキストの種類はいろいろとあり、その方法を選ぶことができます。テキスト化する目的に応じて最適な表示方法を依頼しましょう。

もっと読む